京都で思い出の詰まったおもちゃを買取してもらう

おもちゃ17

子どもの頃に夢中になって遊んだおもちゃ、またはたくさんコレクションしたものなど、思い出が詰まったものは誰にでも一つ二つあるものです。しかし年齢を重ねていくと、かつての宝物で遊ぶこともなくなっていきます。

そんな引き出しの奥底に眠っているおもちゃでも、思い入れが強いため処分するのに抵抗があります。そんな時、おもちゃの買取をしている業者を利用すると抵抗なく家の中が片付き、お金が手に入って一石二鳥です。

簡単で時間のかからない手続き

京都でおもちゃの買取を依頼するにはいくつかの方法があり、一番自分に合ったやり方を選べます。まず店頭での買取です。手続きはお店によって多少違いがありますが、対象商品を直接お店に持っていくとその場で査定が始まります。

お店が混んでいなければさほど時間がかからずに終了し、金額に納得ができればすぐに買取額が支払われます。店頭での査定は自分の予定に合わせて気楽に好きな時間に立ち寄れて便利です。次に宅配を利用した方法です。家が遠い、量が多いなどお店まで足を運べない場合にはとても重宝します。

ネットや電話で申し込みの連絡を入れると、宅配に必要な梱包用品を自宅に配送するお店も多く、そこにおもちゃをセットして送れば後日査定の結果連絡が入る仕組みです。たいていの業者は配送料をお店負担にしています。

査定額に納得できれば、そのまま買取の手続きに入ります。一方今回はやめておくとなると、その旨の連絡をすればおもちゃは返品されます。その際は着払いになることもあるので、事前に業者に確認しておきます。最後に出張買取です。

申し込むと、業者が自宅などの指定した場所に来て直接査定をします。外に出る必要もなく査定結果がすぐに分かるのでこちらも人気です。

買取できるおもちゃはこういうもの

京都の業者が買取の対象にしているおもちゃの種類は膨大です。まず代表的なのが、子どもが夢中になる変身グッズです。これは人気があるキャラクターの衣装を着たり、ヒーローが持っている戦闘グッズを持ってアニメキャラクターになりきるおもちゃです。

次にミニカーやラジコン、ブロックなど特に男子が夢中になって遊ぶおもちゃです。古いものだから買い取りはできないだろうと諦めずに一度査定をしてもらうと、中には高値で買取しているレアな商品が含まれていることもあります。

またブリキのおもちゃやドール関係も同様、意外と人気の高いものがあります。そして品物によっては、一度開封したものでも査定対象にしているお店があります。また過去からこれまでの間に放送されたアニメのグッズの中には思わぬ人気がある商品もあるので、買取の対象にしているお店があります。

そのため、こういうものは買い取ってもらえないだろうと思わずに、気になるものは一度問い合わせすることをおすすめします。

逆に買取が難しいものは、汚れや破損が著しいものです。変色したり匂いがついているものは買取はできません。また使用済みの大型遊具も対象外にしている業者が多いです。なんでも買取ってもらえる訳ではないので、そのことを肝に銘じながら試しに業者に連絡を入れるくらいのスタンスでいることが大切です。

高値で買い取ってもらうために

京都でおもちゃの買取をしてもらうのに、誰でも少しでも高値をつけてほしいと思うものです。高値がつくにはその商品が限定品や珍しいものの場合、そして保存状態がとてもよかった時です。

まずおもちゃの箱の有無です。これは当然のことながら箱があったほうが高く買い取ってもらえます。箱が多少壊れていても、念のためおもちゃと一緒にお店に持って行きます。もし箱がなくても、その分減額して買取するお店もあるので一度相談してみることが大切です。

次に保証書です。特にラジコンのような電池で動くものなら、購入した時に添付されている保証書があると査定も高額です。同様に付属品もあったほうが買取額が高くなります。そしておもちゃは未開封であれば、買取額がアップします。

もし開封したものでも、状態がよく目立つ傷がないのなら金額がプラスされます。一方おもちゃが破損している場合です。業者が修理をして販売できるような少々の破損であれば、減額して買取が可能となることもありますが、それが難しいと買取はできなくなります。

福岡でおもちゃを買取してもらいたいと思ったら!

おもちゃの種類

おもちゃと一言でいっても、誰に向けた商品かで若干の違いがあります。大まかには遊ぶ対象が子どもなのか大人なのかで分けられます。一般的に、子どもを対象としたおもちゃはトイと呼ばれています。怪獣やヒーローの人形、ぬいぐるみやごっこ遊びに使われるままごとセットもここに入ります。

トイは子ども向けのアニメ番組をモチーフにしたものも多く、小さい子どもも安全に楽しく遊べるような工夫があるのが特徴です。一方ホビーと呼ばれているものは、大人を対象にしています。フィギュアや何かの模型など細かい部分まで精巧に再現されていて、トイのように飲み込んだり失くしたりしないための工夫よりも、もっとリアリティを追求している商品が多くあります。

しかしおもちゃを二つにはっきりと分類することは難しく、特にラジコンやプラモデルなど一概に全てをトイとフィギュアの分類には当てはめられないものもあります。京都の買取業者によってどちらのおもちゃに高値をつけるか基準があるので、いくつかで査定をしてもらうと金額の差が分かります。

横浜のお店でおもちゃ買取をしてもらおう

人気がある古いおもちゃ

京都では、おもちゃは破損がなく未開封のほうが高く買取してもらえます。しかし中には買取はしてもらえないだろうと思っていた古いおもちゃでも高値がつくこともあります。その理由はおもちゃをこよなく愛しているコレクターの存在です。

現在のおもちゃにはない味わいを求め、時代を重ねた数少ない商品を探して集めているコレクターがいます。特に昭和に作られたおもちゃには現在販売されているものとは違う趣があり、そのノスタルジックな雰囲気を好んで購入を希望している人も多くいます。

そのため、もう作られることのない時代を超えたおもちゃは思わぬ価格で買い取ってもらえることがあります。

家の片付けをしていた時や引越しの際に奥底から昭和のおもちゃが出て来たら、もう古いものだから処分しようと思わずに一度査定に出すと気がつかなかった価値を発見できます。金額はお店によって変わるので、リサイクルショップだけでなく古いおもちゃを専門に売買している業者にも足を運ぶと、魅力的な価格がつくこともあります。